ホーム > キャットベリ
キャットベリ

”Catbelly®シリーズ”医療機器はより優しく、より安全で、エコライク。
 
NEW乾式ホットパック
操作は簡単。大幅なコストダウンが可能です。
  ホットパックを加温器で加熱し、所定の温度になったら加温器から取り出して、患部に当てるだけです。
据付及び運転に伴う作業もなく、担当の方への負荷も殆どありません。
「キャットベリ」の高い温度維持機能
  キャットベリの主原料である、ノポスと一般の保温材との違いは、温度の安定性です。
従来のものは不確性温度(温度が定まらず徐々に昇降温)ですが、ノポスは特定の温度を長時間維持できることが最大の特徴です。
蓄熱作用はノポス成分の固体から液体(融解)への相変化に伴うエネルギーの授受によって行われます。
この相変化物質をPCM(Phase Change Material)と称し「ノポス」はPCM物質に該当します。
PC物質は(潜熱を活用して蓄熱する機能を持っています)
潜熱のしくみ
潜熱のしくみの画像
 
  • 顕熱とは、水を例にとると水1gの温度を1℃上げるのに1calの熱が必要です。その熱量を顕熱といいます。
    温度計で測れる熱とも云えます。
  • 潜熱とは、0℃の氷(固相)を0℃の水(液相)にするには、即ち氷1gを溶かすのに80calの熱量が必要です。
    この相変化に伴う熱量を潜熱といいます。外に顕れず、溶けている間は温度計に顕れません。顕熱1gの水を1℃上げるのに1calの熱量に対し、
    潜熱は1gの氷を溶かすのに顕熱の80calを必要とします、それだけ蓄熱するエネルギーは多くなります。
キャットベリの医学的検証
キャット・ベリの医学的検証の画像
キャットベリホットパックは2シリーズ5タイプ
  標準タイプを2種類と、立体縫製タイプを3種類用意しました。どんな部位にも対応できるラインナップです。
弊社では施設ごとのきめ細かい要望に応えるため一枚からでも特注品の制作を致します。
別途お見積もり致しますのでお気軽にお問い合せください。
キャットベリホットパックは、必ず専用加温器にて加熱してください
  電子レンジ・お湯での加熱はできません。
 
比 較 表
  NEW乾式ホットパック 湿式ホットパック
付帯設備投資 特になし 水廻り設備(給水・流し等)
ランニングコスト 人件費:役0.3人/台
光熱費:使用電気料のみ
電気使用量:700VA
人件費:1人/台(推定)
光熱費:電気料+水道料
電気使用量:約1400~1100VA
ホットパック耐久性 耐用年数:約5年 耐用年数:約6ヶ月
付帯作業 なし 層内加熱水の入替え作業
(週1~3回)

スタンダードタイプ
布製 YIS-ST
●27B3X00222000002
専用カバー
   
   
立体縫製タイプ(布製)
首用 YIS-N
●27B3X00222000003
肩用 YIS-K
●27B3X00222000004
膝用 YIS-S
●27B3X00222000005

[注意]: 乾式ホットパック(Cat-belly®シリーズ)は、必ず専用加温器にて加熱してください。
※電子レンジ・お湯での加熱はできません。
 
Catbelly製造販売元:山一株式会社
 http://www.yamaichi-web.jp/me/catbelly/



キャットベリ専用加温器
使い易さバツグン。乾式ホットパック「Cat-belly」を加温し、適温に保つ専用の加温装置が新登場!
 
1.取り出しやすいスライド式トレー
使い易さにこだわったスライド式トレーを採用することで、手軽に出し入れできるようになりました。しかもホットパックを整列して並べることで標準パックが24枚まで収納可能となりました。
 
2.イージーメンテナンス
スライド式トレーは取り外し可能で、庫内のメンテナンスが容易に可能となりました。
 
3.これは便利!週間タイマー運転機能を搭載
曜日ごとに運転開始時間と終了時間を設定できるため、診療時間に合わせて効率よく使用できます。
4.温度設定は任意で設定可能!
温度設定は75 ℃~95 ℃まで5 ℃間隔で設定可能。季節に合わせて適温に保つ事ができます。
5.安心・安全設計
2分間扉が開放されているとブザーでお知らせ、温度の異常はセンサーで感知する等安心・安全にお使いいただけます。
仕様
 
品名 加温器(付属品 カゴ A:2個 カゴ B:2個 含む)
型式 YS-KA01-1
定格 単相交流100V 周波数50/60Hz
電源入力 700VA
外形寸法 幅655m m×奥行500m m×高さ 1200mm
庫内寸法 幅540m m×奥行412m m×高さ 896mm
重量 本体100Kg +カゴ 10Kg 合計110Kg
設定温度範囲 75℃~ 95℃
ホットパック
収納枚数
YS-ST(標準タイプ)24枚
安全装置 過熱防止バイメタル、過熱防止サーミスタ、過熱防止サーモスタッド、漏電ブレーカー、電流ヒューズ、扉開閉検査センサ
電流ヒューズ 型番:FGBO-A PbF 定格:125V. 10A
特性:B種溶断型 寸法: φ6.4×30mm
JIS C 6575-2準拠品
一般的名称 湿式ホットパック装置
薬事届出番号 27B2×00001000062
医療機器クラス 一般医療機器
E M C適合 JIS T 0601-1-2: 2002
使用環境条件 温度5℃~ 35℃、湿度15~ 85%(但し、結露なきこと)
※温度35℃の場合、湿度48%以下
  湿度85%の場合、湿度28℃以下
  標高 0~ 2000m
保管条件 温度5℃~ 35℃、湿度15~ 85%(但し、結露なきこと)
※温度35℃の場合、湿度48%以下
  湿度85%の場合、湿度28℃以下
  標高 0~ 2000m
 
製造元:株式会社湯山製作所

 http://www.yuyama.co.jp/



NEW乾式クールパック
安全性
 

寒冷療法(アイシング)に潜熱を用いた、安全性に優れたクールパックです。
凍傷の心配がなく、血圧への影響もありません。

血流量の低下
  New乾式クールパックを使用することで、寒冷療法に有効な血流量の低下が顕著にみられます。
取扱が簡単

YC-LST(標準) YC-SK(肩・膝用)
 
  • 受傷後や手術後の痛みや、腫脹、出血の抑制(持続的冷却法)
  • 末梢神経障害等による感覚異常、感覚麻痺を伴う患者への寒冷療法
  • 発熱を伴う内科疾患等

注意
  • 冷却の際は、必ず冷凍庫を使用して下さい。
  • 十分な冷却を行わないと、効果は発揮できません。(5~10時)
  • パック本体を水に濡らさないで下さい。

クールパック製造販売元:山一株式会社
 http://www.yamaichi-web.jp/me/catbelly/
   
キャットベリ・加温器相談窓口
キャットベリ・加温器等については、お問い合わせの「キャットベリ・加温器についてのお問い合わせ」までお気軽にご相談下さい。
社員スローガン



納入実績(湯山製専用加湿器+Catbelly)
H24/4月~R元/10月末日まで
北海道
東北エリア
 
台数
北海道3台
青森県2台
秋田県1台
宮城県8台
関東・信越
エリア
 
台数
東京都3台
茨城県1台
千葉県1台
神奈川県3台
群馬県1台
新潟県2台
東海・北陸
近畿エリア
 
台数
京都府1台
三重県2台
大阪府18台
兵庫県4台
富山県1台
中国・四国
エリア
 
台数
広島県4台
愛媛県1台
九州・沖縄
エリア
 
台数
福岡県11台
大分県7台
宮崎県4台
鹿児島県8台
沖縄県2台
佐賀県20台
長崎県74台
合  計183台